育児奮闘中

最近始まったドラマだめな夫に共感しまくりです笑
是非旦那さんにも見て貰いたい!
世の中の子供さんがいる家庭の人はみんな楽しんで見ていると思います。

中にはイクメンの人もいるけど私の周りにはそうそういないなー…
やっぱり女の人は毎日子供と一緒だし家事や子育てに休みはないしそれを男の人にも分かって貰いたい!
男の人は仕事をすればいい、お金だけ稼いでこればいいと思っている人は多いはず…
私はまだ仕事をしてないからいいけどこれで共働きだったら育児、家事も分担するべき!
昔とは違って共働きの家庭も増えているのが現状。

昔みたいに男の人に家の事をやらせるなんてとんでもないということは今はないような…
もちろん女の人も家庭を支えなけばいけない。

女の人は子供を産むと強くなるというけど本当だった。

子供一番なのは当たり前だけど旦那さんもちゃんと労ってあげないといけないと思った。

子供が生まれると旦那なんてどうでもいいとかいう人もいるけどそれは子供一番で子育て大変だからそうなっちゃうのかな?
イクメンの家庭ならそうならないのかな?
お互いに思いやりが大切だと思う。

子供が出来ても生まれても、子供のためにも夫婦仲良しでいたいなー。

新しい家族が増えた

少し前まで我が家には一匹のフェレットがいました。
その子は沢山のゲージが置いてある中で唯一一人ぼっちでいました。
私は旦那と相談して最初は甘えん坊が多いと聞いた男の子をお迎えする予定でした。
そもそもフェレットを迎え入れる理由として、私の体調が優れなく仕事が続けられなくなったことでした。
旦那は朝から夜遅くまで仕事でいないので私に淋しい思いをさせない為に飼うことを提案してきてくれました。

初めてその子を見た時、特に何も感じず、隣のゲージに入れられていた男の子を見ていました。
その時は本当に女の子は考えていなかったので、男の子重視で見て回ってました。
が、不意にその子の前を通った時、お尻を向けて寝ようとしていたその子がわざわざ起きて私の元へ来、ゲージ越しに鼻を出してきました。
この時、一気にこの子に惹かれ即お迎えをすることを決め、一緒にお家に帰りました。

飼いだしてから分かった事なのですが、売れ残っていたのは噛み癖がとても酷かったからです。
初めて抱っこした時も手を強く噛まれました。
この子が初めてのフェレットだったのでしつけも世話の仕方を手探り状態で毎日頑張っていました。

今、お迎えして4か月を迎えようとしています。
今では噛み癖も無くなり、ツンデレの甘えん坊で可愛い我が家のアイドルです。
あの時、この子を選んでよかったと今でも強く思います。

そして最近、新たに男の子をお迎えしました。
元々遊び相手が欲しいだろうなと言う事で2匹目を検討していました。
新しい子もまた、ゲージの中に一人ぼっちでいました。
説明書きには、仲間の上に乗って寝るのが好きです。
と書かれていたのですが、乗る友達も売れていき一人で寝ていました。

私は旦那にこの子にすると言ったのですが、資金に余裕がなくお金が出来てからという話になり、再度その子の元に訪れたのは一か月後でした。
私は売れたと諦め半分で行くと、まだいて直に店員さんを呼び我が子に決めました。
この子も噛み癖が酷く売れ残っていたのですが私には運命に感じました。
今ではすっかり2匹共仲良しで嬉しく思います。

この子たちはショップで淋しい思いを沢山してきたと思うので、今は旦那と溢れんばかりの愛情を注いでいます。
沢山いるゲージの中だときっと気づけなかった二匹の魅力を見つけれて本当に幸せに思います。

離乳食スタート

生後半年になった誕生日の日から、娘の離乳食をスタートさせました。

初めは10倍粥から、小さじ1杯ということでいざ支度します。

100日のお食い初め以来、大人の食べ物にも興味津々、離乳食教室に参加した際にも、かぼちゃのすりつぶし実習中に器に手をのばしてくるなど、早いうちから食べたい気持ちが見えていたので、すんなり進めていけるかなと楽観視していたのですが、初日は小さじ1杯を食べきることができず、2日目、3日目と進めていっても食べる量が増えません。
芸能人の子育てブログとか見ていると、『パクパク食べてくれました♪』とよく書かれているので、自分の娘もてっきりそうなるかと思っていたのに、せっかく支度したのにちょっと残念な気持ちになってしまいました。

進めているうちに、うんちが緩くなる日が続き、いったん離乳食はお休み。
なかなかおなかがよくならないので、小児科で整腸剤をだしてもらったのですが、その薬がちょっと甘い味のようで、調子が戻って離乳食再開してみても、無味のお粥はなかなか食いついてくれません。

とうとう自分も煮詰まってしまい、保健センターに行って、保健師さんに相談してみることにしました。
やはり、最初はお粥をなかなか食べない子も結構いるようで。
だし汁や野菜スープなどを先に試してみるのもいいよというアドバイスをもらったので、さっそく取り組んでみることにしました。
まだ野菜は何もチャレンジしていなかったため、初めは昆布だしを…すると、風味がよかったのか、さらさらした液体で飲みやすかったのか、いつもより食べてくれました。
次の日はお粥と昆布だしを混ぜてみたら、これもよく食べてくれました。

まだまだ6か月なのに、ちゃんと味覚があるんだなぁと感動です。
哺乳瓶は一切受け付けず、完全母乳で成長してくれたこともとてもうれしく、離乳食を始めるのがさみしくてスタートが遅くなってしまったけれど、スローペースでも食べることが好きになって行ってほしいなと改めて感じました。

誰しもが親バカ

今年の夏に第一子を出産しました。

子どもができたらどんな自分になるんだろうと我ながら楽しみでした。

もともと子どもが大好きで、仕事も子どもに携わる仕事をしていました。
他人の子どもでもかわいいのに自分の子どもだとどうなるのかなと。

出産後1~2ヶ月はかわいいより初めての子どもだから大変さが勝ってしまい余裕が全くなく心底からかわいいと正直思えない日々でした。

しかし最近やっと4ヶ月が過ぎ、先日の検診でも身体に問題も無く首もしっかりすわってるとのことでうつ伏せ遊びをさせています。

必死に寝返りをしようとしていますがなかなかコロンといかず完成度は85%くらいでした。

それがある日うつ伏せから奇跡的に一度だけ自分の力で仰向けに戻ることができました。
すごいすごいと喜び嬉しかったですね~。

その必死に頑張る我が子の様子を主人と交代で写真を撮りお互いのスマホに送り合っています。

これまで友人の子や教え子と数々の子どもと親を見てきて親バカやなぁ~と散々感じてましたが、実際自分が親になるとようやくその気持ちがわかりました。

自然とこうなっちゃうんですね。

最近では撮ってたまっている写真を印刷して並べて乾かしているとなんだかストーカーみたいだなと思うことがあります。

最近思うこと

先月から旦那が長距離トラックを乗っています。

私はチビとアパートでパパの帰りを待ちながら毎日賑やかに過ごしています。

私は一人っ子で地元から離れて暮らしています。

両親もいい年です。

この間、旦那と話し合ってお金を貯めたら私の地元に帰ることにしました。

息子が3歳になる前に移住出来たらなと思っています。

父も近くにいてほしいみたいなので親孝行になるか分かりませんが近くに住めたらいいなと思っています。

こっちに出来た友達とは離れてしまいますが地元にも友達がいるので移住してまた会えるのを楽しみにしています。

そのためにはお金を貯めてコツコツ頑張ろうかなと思います。

パパが頑張ってくれているので私も子供のことと家のことを頑張ろうと改めて思いました。

お正月には実家に遊びに行きます。

旦那も何日か休みがあるみたいなので今から楽しみです。

早く休みがこないかなぁと今からワクワクです。

おせち作ったりしていけたらいいなと密かに計画中です。

両親に娘は出来るんだぞ!って所を見せてやろうと思います(笑)
両親から今日、お持ちが届きました。

毎年送ってくれるのでありがたいです。

手作りのお持ちなので特別に美味しいです。

鏡餅も作ってくれてあるので飾りたいと思います。

年末年始は楽しみます。

避難訓練

今日は幼稚園の避難訓練の日で帰ってくるのがめっちゃ早いから困るんですよねぇ。
本当に短いから今日休む人とかもいそうですが、息子が行くって言うから短い時間だけど行く事にしましたぁ??
今日はどうしようかなぁーって感じで公園に連れて行ってあげたいけどちょっと午前保育だからめんどくさい気もします。

娘は今の時点で眠そうなんだけど、置いてお迎えにも行けないしめんどくさいですねぇ。

避難訓練って年に2回あって今回が2回目なんですが、一回目の時も可愛いかったけど、今日も可愛いのかなぁ?
待ち方がすごく可愛くてたまらないですねぇ。

防災頭巾を被ってる姿を初めて見てたまらなく可愛くて、今日も被ってるのかなぁ?
幼稚園に置いてあるやつを使ってるけど、普通は自分達の防災頭巾を用意するのかと思ってました。

他の幼稚園の子は自分用のがあるって言ってた気がします。

保育園の子は自分達用を用意してました。
うちの幼稚園ってちょっと変わってるのかなぁ?笑
まぁー家に子ども用の防災頭巾があった方がいいのかもしれないですよねぇ。
今度可愛い防災頭巾があった用意しておこ??

ラステンアイカというカフェ

岡山駅西口から徒歩5分の所にラステンアイカという絵本に囲まれたカフェがあります。

こちらのカフェの店名は「子どもの時間」という意味です。

私はカフェラテをオーダーしました。
これはボリュームたっぷりでチョコビスケット付きです。

値段は450円。
マグカップも童話のアートみたいな感じで安らぎます。

ムーミンママのパンケーキ、ケロちゃんのホットケーキ、マックスのフレンチトーストなどメニューがあります。

絵本の種類は絵本博物館?と思えるくらいボリュームたっぷりです。

ムーミンはもちろん、モミの木とか、終わらない夜、図書館ライオンなどあります。

ポスターもアートなポスターが多く、絵本だけじゃないなと思いました。

子供たちが作った作品展も展示してあり、子供たちもすごく楽しめるカフェです。

ソファーとかおしゃれでゆっくりするのにもってこいの場所です。
私は時間の関係で、長居できませんでした。

そう、仕事帰りだったので18時30分くらいに入ったのでゆっくり居ることはできませんでした。

このお店は19時までなので。
絵本がたくさんあるので時間ある時にゆっくり訪問したいです。

中学校の時の文集

自分の中学校の時の卒業文集を久しぶりにめくってみました。
その中でつい笑ってしまった文集がありました。

それは生徒ではなく、ある教師が書いた文章でした。
「人生失敗も経験のうち、沢山失敗した人が最後には成功する」と書いてました。
しかもその教師は当時20代です。

恐らく今まで、その教師は人生で失敗した経験が一回もなかったんだろうなと思いす。
本当に人生で失敗していたら、他人にそんなかっこいい言葉なんていう余裕すらないと思うからです。
また私自身人生がどんなものか今だに分かりません。
それを20代で学校の世界しか知らない人間が大言はいているんですから。

以前ある本に書いてありました。
「何も経験していない人間は全てを知っていると錯覚する。
そこで初めて経験して自分の無知を知る。
だから人間は常に謙虚でなければいけない。

その言葉を思いだしました。
私は今だに人生が何か分かりません。

前に進む

「ツナグ」という映画を見ました。
テレビ放映した時に見て、今回が2回目。
内容は「ツナグ」に依頼すると亡くなった人に1度だけ会える、でも相手も自分も誰かに会える機会は1度だけ。
だから、本当に大切な人に会わなければならない…という条件の中で様々な人が色んな理由で死者と会い、自分の人生を見つめ直すという人間ドラマです。

初めて見た時にも号泣したのを覚えていますが、どうして今回見たかったかというと、2ヶ月前に父を突然亡くし相談したかったこと、もっと話したかったことがたくさんあり、前に進めないでいる自分がいたからです。
初めて見た時とは全く違う感情で映画を見終え、生きている人間が後悔のない生き方をすること、ちゃんと前に進むことがとても大切だと思いました。
「それでいい。
」と父の声が聞こえた気がしました。
迷いもたくさんありますが、きっと父がいつも私の背中を押してくれてると信じて、少しずつ前に進もうと思います。

初めての桃

今日、スーパーに買い物に行ったら、桃が安く売られていました。

いつもは安くても買わないけれど、喉が渇いていたのと、今日はこのスーパーはポイント5倍デーだったので、つい買ってしまいました。

夕飯後、買ってきた桃を食べようとして、ふと気が付きました。

桃って、どうやって食べるんだろう?
そうです、丸ごとの桃を自分で買って食べたことがなかったのです。

とりあえず、皮ごと洗いました。
次に、半分に切ることに。
真ん中に種があることは知っていたので、種を囲むようにぐるりと包丁を入れ、半分に…なかなか割れず、更にそれを半分にしました。

ようやく4等分にできたので、包丁で皮を剥こうとしたのですが、結構難しく、手間取りました。
皮は薄いし、桃の果汁で手が滑るしで、りんごのようにスルスルとは剥けませんでした。

それでも、何とか皮を剥き、無事に食べることが出来ました。
柔らかくて、甘くて、ジューシーで、とても美味しかったです。

苦労した分、余計に美味しかったんだと思います。

たまにはこうして、生の果物を自分で買って食べるのもいいなと思いました。

朝、急行電車に乗るのが恐ろしい日々がまた始まる